徳島の酒店

徳島の素敵な酒店をピックアップしました。

あなたのお気に入りの酒店も見つかるかもしれません。

このサイトは徳島に特化しています。
その中でもオススメの酒店だけを選りすぐって表示しています。
表示されている酒店以外にもたくさん登録されていますので、
お探しの酒店が見つからない場合は「もっと見る>>」から探してください。

徳島の今日一番のオススメ酒店
(有)おおさかや
私は案山子(かかし)の酒屋です。

なんのこっちゃ つまり標高1000mくらいの山の、中腹にある棚田を6枚ほど借りていて、そこに酒米を植えているのです 今まで7年間山田錦を、8年目からは雄町に挑戦しています 県内の他、神戸をはじめ各地に仲間がいて、総勢50人くらいの仲間たちと米造りを楽しんでいます。   農家の方の世話は一切受けないので、田植え稲刈り以外にも土造り、田起こし、苗立て、水管理、草刈り、周辺整備、山の手入れと、一年中、村の方々と同じ作業をしています。 この棚田は水はけが良すぎて、2日間水を入れないともう干上がってひび割れてしまいます。そのためシーズン中はほとんど毎日のように田んぼ行くことになります。こんなことをもう9年も続けています。でも何年やっても下手くそです。 8年目にして初めて雄町に挑戦してさんざんな目に遭いました。 太くたくましい雄町は7月頃からがんがん育って、9月後半には上の写真のように身の丈150cmにもなりました。でもこんな背丈で立ってられる訳ないですよね。 喜んだのも束の間、実が入るにつれ倒伏が始まり、人数に物を言わせての稲起しの苦労も実らず、度重なる台風と頻繁に侵入を繰り返す猪によって、3分の1の田んぼがぺったんこ。前年の3分の1以下の収穫に泣きました。 そんな悲喜こもごもの繰り返しのうちに、 酒を見る目が酒販店の側からだんだんとお百姓さんの側に寄ってきてしまいました。米の味を思い切り表現しているお酒のほうが楽しく感じるようになりました。 ・・・そんななかでJA阿波に阿波山田錦の買い付けに訪れるたくさんの蔵元さんたちと知り合いになりました。 米の旨みを一生懸命酒に表現しようとしている熱い熱い方々です。 そしてまた、地元の熱い蔵の方々と彼らが出会い、あらたな交流が始まりつつあります。ここではそんな蔵元さんたちの熱いお酒 を中心にお薦めしていきたいと思います。
 

▼検索エンジンで調べる!


【We Love TOKUSHIMA !】



事業主の方必見!

このページへ広告を出されませんか?
このページは『徳島 酒店』のキーワードに特別に限定されているページです。
Yahoo/Google/MSNなどの検索エンジンで上位に表示されるようにSEO対策を施してあります。

詳しくはこちらから